平塚市の整体院腰痛.坐骨神経痛.膝痛を再発ない治療の平塚不動療整院に

平塚の整体慢性の腰痛.坐骨神経痛.膝痛.股関節痛.鼠径部痛の原因治療2〜3回で再発ない原因治療します.高レベルの気功で肩こり.首の痛み.ひじ痛.腕の痛み治療致します
<< 足首が痛い.足が痛い、脚全体が痛い.症状の方.慢性の坐骨神経痛です平塚市の不動療整院 | main | 肩こり.首の痛み頭痛反復性ストレス障害パソコン等を使う更年期の治療は平塚市不動療整院 >>
ぎっくり腰平塚市・腰痛原因治療で再発しません.平塚市の整体院不動療整院に
0

    不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44 「Tel:0463-21-6834」平塚の気功整体の治療院です
     

    当院に来院の方は、東京都、横浜市、川崎市、鎌倉市、横須賀市、逗子市、藤沢市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、小田原市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、中井町などから来院頂いております、何年も続く痛みの治療においでになります


     



      

    不動療整院 「Tel:0463-21-6834」要予約
    神奈川県平塚市四之宮2−14−44 定休日:水曜日 営業時間 9:30〜21:00



    エキテンに投稿された当院の口コミです

     

     

     


     慢性の腰痛・坐骨神経痛・膝痛・股関節痛ページ


    院長 沼田治男 不動整体院 平塚市四之宮2−14−44 サイゼリア平塚四之宮店右隣
    「tel:0463-21-6834」要予約 営業時間:09:30〜20:00 定休日 水曜日
     体院です

     

     

    • 腰痛筋肉 殆どの場合ぎっくり腰、筋肉・腰方形筋が全面的に固まると、かなりの痛みになります

     


    浅部(浅頭)第1〜4腰椎(胃の裏側あたりの側面およびそれらの間に在る椎間円板から始まる

    深部(深頭)は第1からの肋骨突起から始まる、大腰筋+腸骨筋=腸腰筋となります(腸骨筋膜に包まれます)






         今の激痛直ぐに改善できます

    重症になると足腰の筋肉全てが塊まってしまいます

     

     

    • ぎっくり腰の一番の原因は慢性の腰痛・坐骨神経痛です

        再発防止の治療 再発しない原因治療には2~3の治療が必要です
     

    • ぎっくり腰が起きる原因

     腰の部分の【インナーマッスルの大腰筋・小腰筋・腰方形筋・腸骨筋】の硬直
     
    ・肉体疲労で起きるぎっくり腰

    ・骨格の異常での症状 

    ・習慣性の、ぎっくり腰原因の多くは
    (2週間に一度の頻度)の方もいます


    内蔵(胃が刺激に弱い・暴飲暴食:飲酒・特に冷たい飲み物ビール、ストレス)でも症状が出ます


    暴飲暴食は個人差で少し多めに飲み食いしただけで腰痛になり、それを繰り返すとギックリ腰になる方も多いいのです

     先日来院の方で数少ないなケースですが胃の不調によるぎっくり腰、現在胃の不調で内科医に通院中の方でした

    骨格形状の異常が無く内蔵が弱いためにぎっくり腰になる方で、伺ったところ普段、お酒等の暴飲暴食もない方で

    少量のお酒食べ過ぎ程度で胃に負担が掛かり腰痛になりぎっくり腰になってしまっている、

    このことは、勿論ご本人も食べ物と腰痛が結びついていることなど考えてもいなかったのです、この場合痛みは骨盤より上の腰部です

     

     

     

    • 性格で常にストレスが好きな人、身体を休める事無くいつも、動いている方で少しぐらいの慢性的な腰痛があっても常に身体を動かしている、身体を休めるのが、下手な人(自分がストレスだとおもっていない方がいます

     

     

     重篤な状態(稀な症状、めったにない)

    で、なを内臓(胃腸が弱い方)が長期的な強いで内臓が原因の腰痛で3、6ヶ月間歩くことが出来ない状態まで至った方もおります
    大腰筋、腸腰筋は(腰から骨盤内、大腿骨に繋がっています)歩けなくなります

     


     


     

    • 原因を治療して、ぎっくり腰の再発を防げます

     内蔵からの原因と、坐骨神経痛からの原因、二つの原因の中でも坐骨神経痛は身体の構造上の症状です、これを治せば、ぎっくり腰を防げます
     
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    不動療整院    要予約「tel:0463-21-6834」 

    神奈川県平塚市四之宮2-14-44   サイゼリア四之宮店 右隣

    営業時間  09:30〜20:00受付   定休日 水曜日

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     ぎっくり腰、下記の原因大きく分けて2系統です。


       来院のぎっくり腰の患者さんで。


    慢性的な方は2週間に一度の頻度で症状が出る方がおりました


    このぎっくり腰方の例は、慢性の坐骨神経痛の腰痛と内蔵が原因で症状が出ていました、暴飲、アルコール類(ビール・チュウハイ)等の冷たい飲み物、食生活が大きな原因でした、

    予約の電話を頂いた時にぎっくり腰症状を、伺って、暴飲暴食だと、すぐに解りました、なぜならぎっくり腰は

    2週間の頻度で、おこる症状では有りません、筋肉硬直がピークになるとでる症状なのです



    こおゆう症状の方、頻繁にぎっくり腰がおこる方は、暴飲暴食特にアルコール類飲酒の生活習慣があります


     
    なぜ!ぎっくり腰とアルコール類・冷たい飲み物が関係在るの?
     
    特に多いい冷たい
    ビールが好き・・・・ぎっくり腰多いい


     アルコール性腰痛サイト  長年の飲酒の習慣のある方のサイト (すい炎)


    ぎっくり腰、は慢性の腰痛の延長線上にある症状ですが、腰痛持ちの方の多くは、ぎっくり腰の経験があるとおもいます。


    腰痛の原因の中には暴飲・暴食があります、暴飲・暴食は、内臓に、冷え、ダメージ、内臓に過度な負担をかけています

    内蔵(胃・すい臓)の近くに在る筋肉が硬直して腰痛が進むと、ぎっくり腰になります





      慢性腰痛を原因から直せば解消するのは、当然です


    慢性の腰痛(ぎっくり腰)は治らないと思っている方が殆どですが大丈夫治ります。




        ぎっくり腰は慢性腰痛・坐骨神経痛の重度の症状です



    比較的に若い年齢の時期に発症しています、此れは若い年齢の方は、【若い人は無理がきく】

    その結果ぎっくり腰が習慣になっている方もいます、例外もあります  


     

    ぎっくり腰の原因は2系統 在ります。
     



          インナーマスル系

     アスリート系のぎっくり腰、過度な運動で、お腹の中の筋肉が硬直しおこります、この場合ギックリ腰は、比較的軽い症状で済みます。

    ここでも練習中・練習後に冷たい飲み物を大量に摂取するとぎっくり腰の原因になります


    アスリートで練習後・試合後、渇いたのどをビールで癒す腰痛・ぎっくり腰の原因です

    ぎっくり腰は男性・女性共に内蔵脂肪の少ない方は胃・内臓の冷えが、直接インナーマッスルを硬化させます
       
      ‼ぎっくり腰の起きやすいシーズン‼

    ‼12月1月2月頃・・忘年会・正月から新年会などで飲食の回数が増えた後にぎっくり腰なります‼ 


    ‼7月8月9月頃・・真夏に冷たい飲み物・ビールなどを多量に飲むと、ぎっくり腰になります‼


    このように、ぎっくり腰シーズンがあるのです。

    ギックリ腰の経験がある方は、このぎっくり腰シーズン思い当たるところがあると思います。

    内蔵からくるインナーマッスル筋肉の硬直【胃下垂の方】この症状の方多いいですよ、


     


         【脚の歪み+インナーマスルの両方】


      重症になります
     

    脚の歪みからくる、腰の筋肉の硬直+インナーマスルの硬直原因が二つになると重症なります。

    普通の腰痛の延長線上がぎっくり腰ですが



    ‼脚が歪がむと、骨盤も歪む、歪みの連鎖で腰痛が進みぎっくり腰になります。

    内蔵の影響で、
    腹筋・腰方形筋が塊りギックリ腰になります。

    ‼ぎっくり腰の患者さんの100パーセント。

    習慣性の腰痛持ちで、内臓(胃・すい蔵)冷えにアルコール類に弱いかたです


      腹筋・腰方形筋が原因筋で痛みがでる箇所



    22.JPG 特に筋肉が硬い体質の方は、自然治癒が出来ない身体の状態に成ります。


    長期に渡る、腰痛の方で、腰の筋肉が硬化しやすい体質の方は特に注意:腹筋・腰方形筋が固まると

    筋肉がコリ状態になり、1回の治療では治らなくなる患者さんもおります


         不動療整院


    要予約「tel:0463-21-6834」   定休日:水曜日


    神奈川県平塚市四之宮2-14-44   サイゼリア四之宮店 右隣


    営業時間  09:30〜20:00受付







     
        ぎっくり腰は種類患者さんによって状態は様々です


    軽いぎっくり腰(痛いけれど動ける程度)

    疲労だけでは腰の筋肉(大腰筋)固まりまらず、ぎっくり腰にはなりません


    暴飲暴食による内蔵疾患で腰痛筋肉のインナーマッスル=(腰方形筋)と

    大腰筋の一部分、腹筋側のインナーマッスル=(腹斜筋)

    内臓に負荷が掛かると内蔵を守ろうとしてお腹腰回りのインナーマッスルが硬直します、

    ぎっくり腰の条件

    腰部分、お腹側の筋肉が硬直してぎっくり腰になる

    腰の筋肉=(大腰筋)の疲労だけではぎっくり腰にはなならず

    慢性の腰痛でとどまります





    中程度のぎっくり腰とは

    慢性の腰痛(坐骨神経痛)がある方で、何時もお尻から足腰にかけて、だるさや鈍痛がある方

    筋肉の慢性疲労がある為、足、脚、腰の筋肉が常に疲労状態になります

    お腹側のインナーマッスルが一緒に硬化してピークが来るとぎっくり腰になります

    ぎっくり腰は突然起起こると思っている方が殆どですが、症状がいきなり出るのではなく

    足腰の痛み鈍痛が日常的にあるはずです



    重度のぎっくり腰

    原因となる筋肉疲労ものは進行しすると、筋肉運動が烈しい仕事運動で、足・脚・腰の筋肉を酷使している方

    数日間動けない状態になる、中程度の状態を繁忙期に無理をしてからだを使う、

    • 暴飲暴食
    • 睡眠不足
    • ストレス

    このストレスが長期に加わると内臓疾患と筋肉疲労が加わると、深部腹筋
    が硬化して重症になります




    「腸腰筋」(ちょうようきん)骨盤内の深部腹筋

    この腸腰筋は大腿骨・腰椎(腰の骨)

    大腰筋は腰椎1番からお腹の中を通り骨盤内で腸骨筋と大腰筋が結合して

    骨盤内で内臓と脊椎の間にある股関節を動かす(大たい骨につながっています、

    腹腔の後ろにあり、深腹筋、足腰のをスムウズに動かしています


    身体の中心の筋肉でも大腿部で支えている筋肉です




    腸腰筋=(大腰筋と腸骨筋の結合)・大腰筋・腰方形筋・腹筋・等腰周りのインナーマッスルと呼ばれる筋肉が

    徐々に疲労が溜まって塊ます

    よくある軽い物を持上げようとした時にに激痛になる


    徐々に溜まった疲労が、あると許容範囲を超えて、ぎっくり腰ななる


    筋肉疲労は誰でも必ず起こります、それを回復させるため休養・睡眠や栄養補給をしで

    そのバランスがを取っているのですが

    繁忙期に長期的な過度な運動、ストレス等が原因です



    身体全体の骨格の歪み(骨盤だけの矯正では改善されません)

    ぎっくり腰になる原因のには、

    骨格の歪みがあります慢性の腰痛・坐骨神経痛・膝痛・股関節痛のある方、

    日常的に足・脚・腰の筋肉、特に腰痛筋肉(インナーマッスル)に負担がかかって緊迫状態にしてしまいます、

    この持病の方で中腰のでの長時間の仕事をしなくてはならない、身体が冷える方

    立仕事、長時間同じ姿勢の仕事での諸作業、

    足・脚・腰の歪みの連鎖で骨格はアンバランスが崩れて、筋肉に負荷が掛かり

    筋肉疲労が蓄積されて、ぎっくり腰になるのです



     

    | 治ちゃん | ぎっくり腰 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE