平塚市の整体院腰痛.坐骨神経痛.膝痛を再発ない治療の平塚不動療整院に

平塚の整体慢性の腰痛.坐骨神経痛.膝痛.股関節痛.鼠径部痛の原因治療2〜3回で再発ない原因治療します.高レベルの気功で肩こり.首の痛み.ひじ痛.腕の痛み治療致します
<< ストレスで暴飲暴食・アルコール飲酒が原因の腰痛、ぎっくり腰 平塚市不動療整院 | main | 手根管症候群は手指のシビレ・手首の痛み・気功療法平塚市の不動療整院に >>
ヘルニア・狭窄症の保存療法の体幹トレーニグ・ストレッチ体操・運動
0

     不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44 「Tel:0463-21-6834」平塚の気功整体の治療院です




     

     

     

      肩・背中・足腰身体全体が不調な方のページです  

                


    保存療法の体幹UP・トレーニング・ストレッチ体操・運動


     ラジオ体操も身体の筋肉を全て使い柔軟運動には最適です 

     体幹を鍛える運動  

    主に腹・腰周りの筋肉インナーマッスル筋肉を強化することです

    腹筋運動は、腹筋は勿論、大腰筋も一緒に鍛えられます

     

    ワンダーコア/ - shopjapan.co.jp

    体幹を鍛えるアシスト器具楽にトレーニング出来ます、値段は色々あります


    体幹UPにはこれが一番 ロングブレス呼吸運動 もともとは日本古武道の呼吸法です  

    ロングブレスダイエットの美木良介参考してください、(本DVD付が販売されています)
     

    「体幹」を鍛えると言っても体幹ってなに?

                             
    体幹とは、骨と靭帯・筋肉からなります、体幹を構成する骨は、頸椎・脊椎・腰椎・骨盤・肋骨・肩甲骨があります、そして、その骨を構成する靭帯・筋肉が有りますインナーマッスル(深層筋肉)・表層筋(身体の外側の筋肉)があり、この筋肉を体幹筋と言います

    ロングブレス呼吸療法がお勧め(鼻から息を大きく3秒で吸い込んで7秒で息をはく、体幹を意識して

    身体全体に力を入れて静かにゆっくり7秒かけて口から吐き出す


    この運動で体幹筋肉を若い頃のように
    復活できます、この運動は呼吸器系のケアー治療にも最適です



     スクワットでもロングブレス呼吸法 


    (腰落としながら息を吸い立ちあがりながら息を吐く)


    最初は腰を深く落とさなくても良いです、腰を落とす程度(20〜30僉砲能淑です、30回位から初めて下さい




       慣れてきてら

    両手を腰にに当て、お尻を締め足を肩幅よ開き、息を3秒で鼻から吸い、腰を落しますむりしない範囲で、

    7秒で口から息を吐き、しっかりお腹を凹ます腹筋に力を入れ、膝を伸ばしてゆきます




    1セット ラジオ体操を含め10〜15分程度1日3回 

    最初は5〜10分ていどで良いですよ





    ストレチ運動  

    ストレッチ運動は筋力UPの運動では有りません、筋肉を柔らかくする運動です

       
    々を下ろして脚を前に出して、足先に手を伸ばすゆっくりで良いので出来れば顔が膝につくように



    ⊆,卜沼を左右に広げ、,汎韻犬茲Δ忘険行います


    6銚けで、膝を曲げ胸につけるように手で抱え込むようにしてください


    い修里泙浙銚けで、膝を左右に横に倒して広げ、足の裏を付け膝を左右交互に床に付けます


    ザ銚けで左右両手をに広げ、左右に足に交差させて、両手を広げて床から出来るだけ肩を離さないようにして、右足・左足行って下さい

     寝た
    状態で背伸び手足体を伸ばす緩めるを繰り返すと、筋肉が柔らかく良質になります


    ГΔ追せになり踵をお尻に付ける運動、両足・左右交互行って下さい


    以上の運動を繰り返し1セット10回程度


     
     
       膝から下肢・足首の筋肉疲労のケアー


    足首・足指、歩き方(けり足は親指で最後に地面をける、外側小指側で歩くとO脚になる)へそを前に出し背筋伸ばす歩き方を心がけてくっださい



    ベルト等の装具は痛みがあるときに固定の為に使う

    装具(コールセット等)ずれにくい物生ゴムバンドがお勧めです、腰を固定する方が楽な方にお勧めします

    コールセットは、ずれやすく治療効果あまりは期待できません、痛みが激しい時に限ります
    (コールセットにあまり頼らないように)


     椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症


    原因は


    ・運動不足

    ・長時間の車の運転プロドライバー

    ・長時間のデスクワーク

    ・歩き方が悪い(足形状の変形で)

    ・体操・ストレッチ療法・日常の生活環境の中で改善出来ます


    椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症は骨の異常ではないのです


    体幹の低下、脊髄構成している
    靭帯・筋力低下でヘルニア・脊柱管狭窄症などで神経を圧迫して痛みが出ます


    筋肉の機能低下で神経、筋肉の機能低下はレントゲンやMRIで識別できません。


    ・姿勢・O脚の矯正(脚の矯正を行えば骨盤前傾も治ります)・運動治療をすれば改善されます痛いから動かずあまりに安静にしていると悪化してしまいます


      脊髄に係わる異常

    椎間板ヘルニア

    脊柱管狭窄症



    脊椎すべり症


    脊椎分離・分離辷り症


    椎間板ヘルニアなどの合併症状(椎間板で管を押して痛みが出る)


    腰椎系の手術後にでる症状も有ります


    椎骨・骨の病気ではなく脊柱を構成している靭帯・筋肉の衰えから来ます


    靭帯・筋肉の衰え損傷が原因で、脊椎がずれて脊髄の中に在る脊柱管が狭くなりっぱなります


    脊柱管内の脊椎神経・馬尾神経・神経根これ等の神経を圧迫して痛みが出ます、腰痛・坐骨神経痛症状になります


    ・足脚の痛み・シビレ・力が入れられずに歩行困難になります,休み休み歩ける、歩くことで脚に痛み・痺れ・脱力が増します



        一般的治療方法


    保存療法 腹筋・背筋の強化運動・足変形が原因のO脚の矯正・姿勢と骨盤前傾の矯正運動



    脊柱管狭窄症は軽く見ていると歩行困難になり車椅子生活になります



    脊柱管狭窄症は運動療法が効果的です、ストレッチで柔軟運動・体操あくまでも無理のない程度に、

    子供の頃を思い出してラジオ体操と柔軟運動ストレッチを10から15分ぐらい行いましょう1日3回

    氷で冷やす:激痛の場合は氷で患部を10〜15分冷やすと良いですあまりに長い時間はいけません、

    15から20分ていど身体が気持ちよくかんじる程度にしてくさい


    痛みが激しい時に暖めたりお風呂に入ることは厳禁である。冷えると激痛が起こりやすくなります

    身体は、冬の寒い時期に無理に冷やさないように




     平塚の不動療整院  定休日 水曜日

    神奈川県平塚市四之宮2−14−44  「Tel:0463-21-6834」

     

     

    | 治ちゃん | 体幹UP・ストレッチ運動 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE