平塚市の整体院腰痛.坐骨神経痛.膝痛を再発ない治療の平塚不動療整院に

平塚の整体慢性の腰痛.坐骨神経痛.膝痛.股関節痛.鼠径部痛の原因治療2〜3回で再発ない原因治療します.高レベルの気功で肩こり.首の痛み.ひじ痛.腕の痛み治療致します
<< 足裏が痛い.足底筋膜炎,モートン病.、腰痛・坐骨神経痛平塚市の不動療整院に | main | ぎっくり腰平塚市・腰痛原因治療で再発しません.平塚市の整体院不動療整院に >>
足首が痛い.足が痛い、脚全体が痛い.症状の方.慢性の坐骨神経痛です平塚市の不動療整院
0

    不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44 「Tel:0463-21-6834」平塚の気功整体の治療院です

     

    当院は来院の方は、東京都、横浜市、川崎市、鎌倉市、横須賀市、逗子市、藤沢市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、小田原市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、中井町などから来院頂いております、何年も続く痛みの治療においでになります




      


    不動療整院 「Tel:0463-21-6834」要予約
    神奈川県平塚市四之宮2−14−44 定休日:水曜日 営業時間 9:30〜21:00


    エキテンに投稿された当院の口コミです

     

     

    院長 沼田治男 不動療整院 平塚の気功の整体院です


    足が原因の慢性の腰痛・坐骨神経痛・膝痛・股関節痛ページ

     


    足と足首の構造 

    足骨.JPG

          
     
      足裏には脚筋肉の腱が通って居ます

     

     
     正常な足アーチ形状が複雑な形状で変形しやすい   

    •  成長痛で小中学生から同じ原因で症状が出ます
     
    •  足の筋肉・靭帯が弱く成り扁平化してきて症状が出ます、足裏が痛い・足首が痛い   
     
    •  来院の方の、年齢範囲は、13歳から89歳までの方がおります
       
    • 治療回数目安・・・2〜3回で再発しない原因治療をします




    足裏変形で歪みで出る症状



    足裏変形で歪みの連鎖で骨盤まで歪みます間違いなく下記の症状が出ます


    足裏変形で、足の甲が痛く成ります(すねに痛みが出てきます)

     

    足裏変形で、足根管症候群足裏足先が痛いシビレル

     



    慢性の腰痛・坐骨神経痛・股関節痛・膝痛・ぎっくり腰の原因は足裏形状うが原因です


    膝痛前部靭帯.jpg ・膝痛サイト  

     ・股関節痛・鼠径部痛症候群サイト

    ・腰痛サイト  

    ・坐骨神経痛サイト 

    ・ぎっくり腰サイト(ビールでもなります)



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
    不動療整院 「Tel:0463-21-6834」

    神奈川県平塚市四之2−14−44  定休日:水曜日
    _____________________________________________________________________________________________________________


    身体全体を支える腰から下の脚(腿もも・膝ひざ・脛すね)と足の26個の骨・脛すね側の脛骨・腓骨が結び合う部分で

    身体の中で一番複雑な関節なのです、また身体の中で、最も靭帯・筋肉が複雑で、運動荷重が最もかかる関節で丈夫に出来ています

    その反面一番の複雑さのあまりにデリケートな関節でもあります転倒・足首を捻るなどで、骨折・捻挫もしやすい部分で、痛みの原因になりやすい関節です




      足・足首の構造を記します 


    足の裏の筋肉と足底腱膜の運動で、足底血管の反復運動で、血液を心臓に押し流します、これで第二の心臓と言われているのです



    高齢になると、足先から踵までの筋肉・足底腱膜が上手く作動しなくなると、足の正常な形体が保てなくなると、足の変形が始まり

    血液の循環が上手くゆかなくなります、身体の構造的な血行障害症状になります、これがが進むと歩行困難な症状になります


     


    足は複雑な精密部品で構成されています


    足の上に脚の上に骨盤、足から骨盤まで、足・足首・脚・骨盤とつながっています


    足首の痛む症状とではシビレ・関節痛

       原因は

    ・捻挫・骨折・怪我による損傷
      此の3点は医療機関で何とかなる場合があります



    原因で一番多いい原因 2点

    体質遺伝


    年齢は最年少で13才中学生の方でも症状が出た方も居ります、


    老化と言っても50代で症状が出ます

    足底筋力と足底腱膜の柔軟性低下で足の形状の崩れで痛みを生じます


    身体的な構造の完成時期は20歳位と言われています

    骨格・体重それに適した筋力の完成期です、この時期よりあまりに体重が増えると症状が出る時期が早まります


    足は生活を送る上で最も重要な部位です

    足が痛んで歩行困難な状態になる特に、高齢になるとちょっとした打撲などで一週間程の間歩かないと、その間に筋力の低下で足のアーチ形状が変形して、

    それ以来足首が痛く成り、脚全体・腰に痛みが出る、日常の生活に支障が出来るようになります、




    体質遺伝で足形状に異常が出やすい方

    ご両親・家族で腰痛などの症状のある家計の方、は年齢が比較的若い方でも症状は出ますまた体質遺伝で異常が出やすい方は、



    スポーツなど比較的運動量で身体を酷使する方、

    来院の方で以外に多いいのはフルマラソンを走るほどの方で、心肺能力の高い方でも、肉体的な力がついて行けない方も居ります、年齢で早い方で男女共に40歳代前半で症状が出ます



    足底の症状が進むと

    偏平足の状態に進みます 

    先天性偏平足、足底が平らで、土踏まずが無い状態になっている足です
    幼年期から偏平足の方は該当しません、それはそれで骨格の形成は出来ているので大丈夫です、平均的にこの状態の方は、年齢それなり50歳代半ばに症状が出ます


     

     

    足が偏平足になると

    正常な足に比べて疲れやすくなります、正常な足であれば、アーチ状です、歩行時に地面から受けた衝撃をアーチがクッションになりやわらげてくれます

    足の裏の靭帯が柔軟性が無くなり、筋力の低下で足の縦と横のアーチが扁平になって行きます、

    偏平足になると、足首の周りや足の裏に痛みが出ます、ひどくなると膝痛・腰痛・股関節痛の痛みが出ます




    これが慢性の膝痛・腰痛・股関節痛です

     

    体質によってかなりの差が有りますが、ゆっくりと進行します、

    症状として出てくるのは早い人で30歳半ば、遅い方で75歳過ぎの方も居ます

    当院実績では最高年齢89才の方も居ります、先に記しましたが3年前、数日間歩行出来ない状態があり、その間の筋力の低下で症状がでて3年目で来院された方です、腰痛の状態でした、完治しました




      不動療整院



    「Tel:0463-21-6834」 要予約



    平塚市四之宮2−4−44 フェリス1F−G 


    サイゼリア四之宮右隣

    営業時間:09:30〜20:00受付


    定休日:水曜日

       


     
    | 治ちゃん | 足首が痛い | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE