平塚市の整体院腰痛.坐骨神経痛.膝痛を再発ない治療の平塚不動療整院に

平塚の整体慢性の腰痛.坐骨神経痛.膝痛.股関節痛.鼠径部痛の原因治療2〜3回で再発ない原因治療します.高レベルの気功で肩こり.首の痛み.ひじ痛.腕の痛み治療致します
<< ヘルニア・狭窄症の保存療法の体幹トレーニグ・ストレッチ体操・運動 | main | ヘルニアで慢性の腰痛・坐骨神経痛の併発治療保存療法が楽になります、平塚市の不動療整院 >>
手根管症候群は手指のシビレ・手首の痛み・気功療法平塚市の不動療整院に
0

     不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44 「Tel:0463-21-6834」平塚の気功整体の治療院です

     

    • 専門特化した当整体院においでください、慢性の腰痛・坐骨神経痛 膝痛・股関節痛・鼠径部痛+恥骨痛は全て骨格、筋肉靭帯すじの硬直で神経を圧迫して痛みが出ます、首が痛い肩こり性の方体質改善致します、手根管症候群気功療法で改善します

     

     



     


    エキテンに投稿された当院の平塚市整体口コミです

     


    平塚の気功整体です 

    不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14ー44「Tel:0463-21-6834」 要予約

    定休日 水曜日 営業時間 09:30~20:00
     

    肩・背中・足腰身体全体が不調な方  腰痛・坐骨神経痛・膝痛・股関節痛

           


     
    手根管症候群
    の診断を整形外科で受けても、

    症候群とは原因不明の意味です、殆どのケースは手先・指をよく使う方で腕の筋肉・靭帯の疲労で、痛みシビレが出ています


    1手根管症候群.JPG手根管狭窄症(手のひらの筋肉靭帯が固まるので神経を圧迫して症状がでます)
     

    • 気功マッサージ療法で改善します

     


    反復運動過多損傷・反復性ストレス障害によく似た症状になります

    原因が少し違う所からも、発症します

    整形外科医の診察で

    手根管症候群の診断で当院で治療した結果

     

     手先.指先の使い過ぎで肘 前腕コリで指先までシビレが出ている方も多くおいでです改善します

     

     

    前腕にサポーターをすると効果が期待できます

     

     肩こりのひどい方は特に交感神経が優位な方で症状はでやすいのです

    手根管症候群の原因  手根管内の神経の圧迫で症状が出ます

    確たる、原因は不明ですが、
    妊娠・産後・更年期が多みられる症状です、 骨折などで神経の損傷が在る場合、仕事やスポーツでの手・指の反復運動過多使いすぎが原因と思われます

    症状は

    妊娠・出産期や更年期の女性に一番多い、女性のホル モンの乱で腱鞘(けんしょう)の腫れが原因と考えられています、 その腫れで手根管内の圧迫で正中神経が痛み・シビレが出ます、 運動過多の腱鞘炎やケガなども正中神経が圧迫されて症状が出ます 
     

     

    神経が手首にある手根管内で圧迫された状態です、それに手首関節の運動で手根管症候群の痛みが出ます痛み・シビレ感、・腫れ、手 や手首の痛み、事務職やレジ係り、反復運動が多い手を酷使する、仕事をする方は、

     

    手根管症候群になりやすい、指先の少ない動きでも日常的長時間・長期に同じ反復運動で症状が出てきます、特にノートパソコンは

     

    画面とキィーボドの位置が固定されている為、悪い姿勢、体制での作業に成りやすいのです

     


    予防と治療  
    治療方は当院気功整体療法により施術いたします

     

     

    予防1

     

    パソコンのキィーボードを使う場合は、手・手首と肘の位置が平行になる体制で、肘が机から(浮く・

     

    下がる)状態にならないように、

     

    肘・肩に負担がかからない体制での作業できるように、机・椅子の高さ調整を行うことです、キィーボード・マウス作業では、手首は自然な位置を保ち、肩の力をぬけるような姿勢をつくる事です、肩こり・首こりの原因にもなります

     

     

    予防2

     

    パソコンでの作業は、定期的にストレッチ休憩を出来れば1時間に1度は休憩を取り、手・指・手首・肩を回す伸ばす、腕・肩周りを出来るだけ大きく動かす事を忘れずに
    休憩は疲労がたまらない内に摂りましょう


     

     

    予防3

     

    手や手首の反復作業の時間内での分散をしましょう、作業分散することで長時間の反復運動を避ける、日のうちで分散して行います

     



    予防4

    もし軽症の手根管症候群であれば、時々間を取って患部を氷で冷やしてみてくだ さい痛みや腫れを軽減出来ます、湿布も効果が在ります

     



    予防5

     

    反復性ストレス障害の状態では、手首固定器が出来るサポーターをつけて手首を固定強制的に固定することも効果が在ります、手首に余計な緊迫感を与えずにすみます

     

    手根管症候群の症状最初は、中指がシビレ、痛みがでます、最終的には親指からの3本半の指がしびれます、

     

    手の指を曲げ伸ばしすると、痛みシビレは楽になります、

     

    重症になると親指の付け根がやせてきます、指先に力が入らなくなり細かいものがつかめなくなる

     





       不動療整院 

     「Tel:0463-21-6834」



      神奈川県平塚市四之宮2−14−44


    営業時間  09:30〜20:00 受付


    定休日:水曜日






       


     

     

    | 治ちゃん | 手根管症候群 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE