平塚市の整体院腰痛.坐骨神経痛.膝痛を再発ない治療の平塚不動療整院に

平塚の整体慢性の腰痛.坐骨神経痛.膝痛.股関節痛.鼠径部痛の原因治療2〜3回で再発ない原因治療します.高レベルの気功で肩こり.首の痛み.ひじ痛.腕の痛み治療致します
<< 平塚の整体不動療整院:施術料料金 | main | ヘルニア・狭窄症の保存療法の体幹トレーニグ・ストレッチ体操・運動 >>
ストレスで暴飲暴食・アルコール飲酒が原因の腰痛、ぎっくり腰 平塚市不動療整院
0

      不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44 「Tel:0463-21-6834」平塚の気功整体の治療院です

     

     

     

    当院は来院の方は、東京都、横浜市、川崎市、鎌倉市、横須賀市、逗子市、藤沢市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、小田原市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、中井町などから来院頂いております、何年も続く痛みの治療においでになります






     不動療整院  平塚市四之宮2−14−44 「tel:0463-21-6834」 要予約

    定休日 水曜日  サイゼリア四之宮店右隣  駐車場有ります


    エキテン口コミ  不動療整院

     

     


      


        痛み直ぐにとります

     お酒を飲んで腰痛が出る方は、下記の症状が併発している方が多くおります

     慢性の腰痛・坐骨神経痛・膝痛・股関節痛再発しない治療ページ


    当院の患者さんの中で、普通では多くない食事の量でも腰痛になる方もおります、勿論少ない量のアルコール類
    でも症状が出ます

    あくまでも暴飲暴食は個人差が大きく出ます



    お酒の飲みすぎで腰痛? お酒・特にビールを多量に飲む方はの4人に1人は症状がでます

    慢性腰痛・坐骨神経痛が併発すると、激痛になります



    サイト・・腰、でん部(しり)・もも・ふくらはぎ・脚部の激しい痛みのある方は坐骨神経痛が併発しています

    併発の慢性腰痛・坐骨神経痛
    を治すと痛みは80〜90%減少します、2〜3回の治療で再発しません


     

     

     

     

    • お酒・冷たい飲み物・ビールで間違いなく、ぎっくり腰・腰痛になります、

       飲み物・食べ物の影響で腰の筋肉が硬く成り、腰痛・ギックリ腰になります
         体質遺伝で胃が冷えなどに、弱い体質の方が多く居ります


     症例大腰筋が骨盤内で固まる



      骨盤内で大腰筋が固まる、胃腸の弱い方で飲酒が原因で、
    腸腰筋が塊ります、此の症状の痛みの部分は骨盤の
    直ぐ上あたりで、左側腰に掛けて
    痛みが出ます


     大腰筋は骨盤内で腸骨筋と一緒になり、
    腸腰筋になり、大腿骨につながって居ます、
    過労・飲酒・胃腸の疲れで症状が出ます



      胃下垂の方は飲酒少量でも腰痛になる方がいます
       

    • アルコール類が原因の腰痛  急性すい炎で腰痛になる 

     

      
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     不動療整院  平塚市四之宮2−14−44 「tel:0463-21-6834」 要予約

    定休日 水曜日  サイゼリア四ノ宮店右隣  駐車場有ります

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

         酒で肝臓が悪く成る前に膵臓炎が先です

    本人は多量に飲酒していると思って居ない方が大半で酒は百薬の長?確かに量的に飲んで居なくても腰痛症状が出る方が多いいのです  

    腰から背中まで痛みます、慢性腰痛が、急性すい炎の痛みと合併症状になるとかなりの痛みが出ます 

    来院の方で、この合併症状の方が、かなりおられます、なぜなら若い頃から飲酒による、腰痛が在り

    壮年になってから慢性の腰痛・坐骨神経痛が併発すると、痛みが倍増するからです、その逆のケースもあります








        急性すい炎を繰り返す、死亡率10%の慢性すい炎になります

    当院に、腰が痛い、と言って来院の中でも、アルコールの常用が原因で、腰痛になる

    比較的年齢の若い方は、当院来院例では40歳前半の方は、完治しております、しかし、高年齢で飲酒歴の長い方、


    多量のアル
    コール類の摂取を長期に渡り日常的に行っている方

    多量に摂取しなくても個人差で、腰痛症状が出る方はおります

     

    実例1:48才 男性、学生時代から飲酒している方、其のころから腰の痛みがあったそうです
    実例2:72才 男性飲酒は若い頃からで、今でも、休みの時は朝から飲酒の習慣があるそうです
    実例3:56才 女性飲酒〈ビールが好き〉毎日、お勤めの方、毎日夕食の支度をビールを飲みながらしている
    実例4:40才 女性毎日ビール・ワインなどの飲酒習慣がある、胃下垂症状の方
    実例5:68才 男性飲酒歴40年以上、やはり宴席などで、多量に飲酒したときはかなりの痛みが出る膵臓炎の可能性が大きい方


     

     

    急性すい炎状態 かなり痛い、アルコール性腰痛
    以上5例の方は、通常の腰痛治療では痛みが取りきれないかた実例です


    通常の腰痛は当院、施術では一度で、かなりの効果あり、痛みも無く成ります、




    以下の症例は、アルコール摂取期間が上記に比べて期間が短い方の例です

    すい炎予備軍
     一度の、施術で痛みが取れた例

    実例5:43才 男性、この方は、毎日の飲酒ではなく、ストレス解消で、泥酔するまでの飲酒アルコールは好きだが、あまり強くない
    実例6:38才 男性 週に2回程度の、酒盛り好き、みんなで集まって飲む、2週に一度軽いぎっくり腰になる
    実例7:28才 男性 ビールが好きで、毎日の飲酒の習慣がある方
    実例8:26才 男性 会社でサッカー部に所属していて、練習後毎日ビールデ酒盛り好き
    実例9:32才 女性ビールが好きで機会があるごとに、かなり飲酒している


    個人さ、飲酒の量、もありますが、お酒は飲み方しだいで、体に悪いものにもなってしまいます



    アルコール類が原因となる腰痛とは?

    アルコール類、飲酒がきっかけになる腰痛は、

    すい炎が原因の腰痛症状は、痛みは腰・背中・肩辺りの痛みが出る方も居ります、腹痛を伴う腰痛・背中痛など、腰から上にもかなりの痛みが出ます

    痛みは、多量・長期間の飲酒により、膵臓が炎症を起こします。

    すい炎の痛みが、周囲の神経を圧迫して筋肉を緊迫状態させます、腰痛や胃の裏側・背中にかけて痛みがでます、痛みとしては、腰痛に感じられるのです




    膵臓(すい臓)は一度不調になると、元の状態の戻りません?


    飲酒に伴う臓器の異常は一般的には肝臓疾患を言われますが、今痛んでいるのは膵臓です、膵炎という病気です

    症状の度合いによって異なりますが、軽度であれば、飲酒を控えるだけでかなりの痛みでも回復します

    慢性膵炎場は、膵臓の細胞が破壊されて硬くなってしまい、元の状態に戻りません

    徐々に痛みが無く、これは、要注意、治って行くのではなく膵臓が破壊されたためです、合併症では糖尿病をひきおこします




    膵臓が破壊され機能しなくなる?



    急性の膵炎は、膵臓が分泌する消化酵素(膵液)によって、膵臓自身が消化作用を受けてしまうことで、

    自分で自分を消化してしまうといったことが起こるのは、アルコールの作用が大きく関係してきます。

    多量の飲酒で膵炎になる、膵液(消化液)の通り道(すい管)がふさがれて炎症をおこし、膵液が流れずに、膵臓を自己消化してしまいます、


    アルコールは膵液の分泌を高める胃酸の分泌も高めて、症状を進行させます、

    急性膵炎を繰り返し、長期に渡る大量の飲酒で、脂肪を摂り過ぎる肝臓病などの食生活の乱れから起こる内蔵疾患になります




    膵臓のはたらき

    「栄養が体に吸収される」 体に入ってきた食べ物の、たんぱく質・脂肪・炭水化物を分解する消化酵素を分泌して食べたものを栄養に変えます

    血糖値を安定させるホルモンが分泌されます、膵臓が機能しなくなると糖尿病になります

    お酒の飲み方、適量お酒の好きな方にとってはかなり少ない

    慢性膵炎は、恐ろしいことに、長期の飲酒で炎症を繰り返し、自覚症状がない状態で慢性膵炎にまで、

    慢性膵炎は鈍痛であることが多く、腰や背中の痛みも繰り返しておこします

    10年間―1日に100mlのアルコールを連日摂取し続けた場合に、発症率が極めて高くなります



       お酒の適正量  個人差が在ります)

    ビール(中ビン) 500ml

    焼酎        72ml

    ウイスキー     60ml 

    ワイン      200ml

    日本酒 (1合) 180ml 

    ブランデー(ダブル)60ml



    とくに要注意30〜40代の方は、今からでも間に合います

    お酒が原因となる膵炎は女性よりも男性が多く症状は腰痛以外の症状を伴います。

    腰痛以外腹痛などに気になる症状がある場合は、アルコールは控えることです。




    不動療整院



    「Tel:0463-21-6834」

    神奈川県 平塚市四之宮2−14−44

    営業時間 :09:30〜20:00受付


      定休日:水曜日


     
     

     

    | 治ちゃん | ストレスが原因暴飲暴食・飲酒 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE