平塚市の整体院腰痛.坐骨神経痛.膝痛を再発ない治療の平塚不動療整院に

平塚の整体慢性の腰痛.坐骨神経痛.膝痛.股関節痛.鼠径部痛の原因治療2〜3回で再発ない原因治療します.高レベルの気功で肩こり.首の痛み.ひじ痛.腕の痛み治療致します
ヘルニアで慢性の腰痛・坐骨神経痛の併発治療保存療法が楽になります、平塚市の不動療整院
0

      不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44 「Tel:0463-21-6834」平塚の気功整体の治療院です

     

    当院は来院の方は、東京都、横浜市、川崎市、鎌倉市、横須賀市、逗子市、藤沢市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、小田原市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、中井町などから来院頂いております、何年も続く痛みの治療においでになります

     

    エキテンに投稿された当院の口コミです

     


     

     

     

    平塚の整体 不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44 

    「Tel:0463-21-6834」定休日:水曜日  営業時間09:30~21:00




     総合ページ:慢性の腰痛・坐骨神経痛・膝痛・股関節痛再発しない治療
    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    (症状が出てから数か月以内の方)(数年たってヘルニアが固定固まっている方は施術不可能です)

     ヘルニア治療、他の療法では出来ない高レベルの気効療法での治療です

    ヘルニアの突き出ている場所によって痛みの程度は違いますので激痛状態の方もおります

     

    • 慢性坐骨神経痛の併発している方は慢性の坐骨神経痛を先に行います

     

    • 椎間板ヘルニア治療、来院回数目安4回〜6回で保存療法楽になります

     

     

    ・着座姿勢でお尻からモモにかけて痛みの出る方は(脊椎間(菅)狭窄症)治療不可能で

     


    腰椎すべり症・分離症1.JPG滑っている腰椎は元には戻りません、治せません

    腰椎すべり症は、年齢が50歳を異常方が多くそのため、足が原因の慢性の坐骨神経痛・腰痛が併発して、痛みが増します

    しかし皆さん慢性の腰痛・坐骨神経痛の痛みは治っております


    よくあるケースで、ヘルニアを慢性の腰痛・坐骨神経痛と誤診の例

    その逆で、慢性の腰痛・坐骨神経痛をヘルニアと誤診の例

    どちらも個人の整形外科でMRI検査をしていない、場合の例です


     足が原因の 慢性坐骨神経痛が併発しての無料診断致しますのでお気軽にお電話下さい
     
    Tel:「0463-21-6834」保存療法の痛みを軽減出来ます

     

    慢性腰痛・坐骨神経痛の併発・椎間板ヘルニア治療、来院回数目安4回〜6回で保存療法楽になります

    慢性腰痛・坐骨神経痛治療だけで2回で済む方もおります


     
    ヘルニア治療特別料金
     



       頸椎・ 椎間板ヘルニア治療料金・・5回セット ¥20.000.-

      腰痛・坐骨神経痛だけの治療料金・・1回 ¥5.000.-

     継続して治療の場合 セット料金適用します


      椎間板ヘルニア.jpg併発を確認してから施術致します、この場合2~3回の治療で慢性の坐骨神経痛を再発しない治療をします



      椎間板ヘルニアの痛みが激しく出る方:慢性坐骨神経痛が併発している方が多数おられます、(でん部・脚・腰全てが痛みが出ている方は)慢性坐骨神経痛が併発している症状です、痛みもヘルニアの痛みの何倍も痛みが出ている方も多いいですます併発治療だけの場合(椎間板ヘルニア単独の痛みは残ります)



      椎間板ヘルニアは椎間板の突起に直接圧力を、掛けられません。

    周りの筋肉を柔らかくして、患部ヘルニアに気効療法でヘルニアを基にもどします

     

     


    保存療法が楽に治療出来ます    椎間板ヘルニアの痛み以外の痛みを先に無くす治療です

    腰痛m2.JPG





     


    椎間板ヘルニア 完治出来ます・頸椎、椎間板ヘルニア・腰椎、椎間板ヘルニア(腰)
     
      突き出した椎間板を気功の効果でもとに戻し、治療をするたびに効果が判ります

     

     

      慢性の腰痛・坐骨神経痛サイト  ヘルニアは慢性坐骨神経痛が併発している方もおります

     

     

     

     


    頸椎:椎間板ヘルニア

     

     

     

     

    頸椎 椎間板ヘルニア.jpg頸椎・腰椎・ 椎間板ヘルニアはヘルニア:頸椎間・脊椎間の椎間板(軟骨が圧力で)で、

    脊柱管に飛び出して、脊柱間 に在る神経に触れて痛みを生じます、

    この様な症状を椎間板ヘルニアと言います 椎間板ヘルニアは椎間板が、突出した部位によって、


    頸椎(首)・腰椎の違いで、頸椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板<ヘルニアと分れています。


    椎間板ヘルニアの種類

    頸椎椎間板ヘルニア 原因としては 脛骨に大きな力がかかる事故・打撲など 、

    長期に渡る生活習慣・仕事の習慣パソコン等で長時間の前傾姿勢などがあります、




    頸椎(首)椎間板ヘルニア症状は


    手から腕にシビレ・痛みが出ます、神経の圧迫で指がシビレ手・腕・肩の痛み・こり・背中の痛み が激しく成ります、

     


    腰椎椎間板ヘルニア 腰・脚部(頚骨神経)に痛み原因は、

    腰へ大きな荷重変形姿勢で負担が掛かる、長期に渡る姿勢の悪い座り方、

    仕事などで前傾姿勢 で異常な長期間の労働などが原因(体質遺伝が大きくあります)


    腰椎:椎間板ヘルニア症状は
    (腰椎椎間板4と5番の間が殆どです)


    神経にヘルニアが触れている状況に依って痛みはかなり違います
    足・脚部・でん部・腰にシビレ・痛みが出ます、歩行も困難になります

    当院の診断:気功効果で頸椎・腰椎部分に軽い圧力をかけて検査します




     

    腰椎すべり症は、年齢が50歳を異常方が多くそのため、慢性の坐骨神経痛・腰痛が併発して、痛みが増して整形外科に行き、

    これ以上悪化すると手術をしなければならないと言われて来院される方もお出でです、しかし皆さん慢性の腰痛・坐骨神経痛で治っております


    腰椎すべり症・分離症1.JPG



    脊椎すべり症、やはり50歳以上の女性に多い腰椎疾患です、症状は椎間捻挫と同じで、

    主な原因は腰椎がずれることで痛みが発症します。(体幹の筋肉の弱さが原因に多いい)

    靭帯が弱く成り、滑った腰椎が元に戻らずに、痛みが出ます、腰椎すべり症の症状です痛みの度合いは

    ヘルニアのような激痛ではないので日常生活にはあまり、支障がない程度の方が殆どの様です





    来院された、椎間板ヘルニアの患者さんの例

    慢性の腰痛・坐骨神経痛併発の方です




     伊勢原市 女性 40才

    H28年10月17日治療、40才女性腰椎5番の椎間板ヘルニアの診断を整形外科で診断されて、激しい腰痛・坐骨神経痛で来院の方、前屈は痛み残り、他の痛みかなり無く成りました
    2度目の来院・10月23日2度目の治療、痛みは殆ど無く成り、前屈すると腰・でん部に違和感が残っている、数日後3回目来院予定です。
    10月8日 3度目の治療はしていません、仙骨部に違和感があるが痛みはかなり無く成っているので、此のまま保存療法に入ります

    痛みは、来院時の激痛から、違和感程度になって居ます。 治療回数2回だけです

    ご本人の、感想今まで色々治療院にゆきましたが、初診でここまで痛みが無く成ったのは初めてです、2度目で仙骨部に違和感がある程度です。
    10月4日現在経過良好




    例3 茅ヶ崎市 男性25歳

    11月28日
    椎間板ヘルニヤの診断を1年ほど前に受けて、それ以来整形外科医の勧めでヘルニア用の腰ベルトをして来院されました

    立って居ても座っていても痛みが激しくて来院、痛みが限界状態で、お出でになりました、
    何時ものように診察
    坐骨神経痛が併発高校生時代から足腰の痛みがあった方です、1度目の治療でかなりの痛みが無く成りました
    12月5日
    2度目の来院診断、状態は痛みが増していない状態で良好2度目の治療で痛みは完全に無く成りました、現在保存療法中です(この方はすでにヘルニアは治っていて慢性の坐骨神経痛が有ったようです)

    12月12日 3回目の予約をしてお帰りになりました、1週間痛みがでない場合来院の必要ないため、電話で知らせてくださいと約束してお帰りになりました、
    年齢が若いので経過は良好になると思われます



    例 4 平塚市 女性 19歳
    27年1月8日 
    椎間板ヘルニアかなりの重症 
    来院するのがやっとの状況診断してみました、この方の場合腰椎4-5番でかなりの重症、外部からの圧力では痛いところは僅かで腰椎神経をお腹側でヘルニアが圧迫しているようでした

    早速患部に気を入れて治療、治療時間50分痛みはかなり緩和されて初回終了、次回1月13日に療の予約いただいてお帰りになりました、
    15日に3回目の来院でかなり状態が良く成りましたので保存療法に入り経過を見ることにしました (この方は年齢が若いためか治癒力が高いため早期に状態が回復したのだと思います)



    腰痛用のサポーター痛みのある内は必ず着用お勧めします

    腰を固定できるもの着用して痛みが緩和される形状のものを選ぶ腰に無駄な負担をかけずに済みます。


    椎間板ヘルニア治療の保存療法の治療 



    保存療法とは、簡単に言えば、手術をしないで治療する方法です椎間板ヘルニアの治療、保存療法で90%以上の確率で症状が改善し完治します。

    保存療法は完治までの間の痛みを(鎮痛剤などの痛み止めで)痛みをしのぎひたすら椎間板の突起が治まるのを待つ。

    保存療法の効果椎間板ヘルニア、まずは、手術をなしで、保存療法を始めます、

    この療法は長期間を要します、症状によってかなりの差がありますが出来る限り、

     

    通常の保存療法で完治を目指す場合。

    2〜3年間の期間を要す方も多く居られます。

    ほおっておけば治る保存療法は、簡単に言えば、放置しておけば治る。
    第一に安静にする、患部に無理のかからない程度の運動をする椎間板に圧迫・荷重が、
    かからない生活習慣が必要ですまずは、

    睡眠時の寝具、枕・引き布団、枕、高すぎない頸椎に負担が掛からない高さにする、布団これも柔らかすぎない腰が落ち込まない程度の硬さのもの、

    ただ安静しているだけではなかなか治りません、ストレッチ体操で患部の周りの筋肉を柔らかくする、絶対的に冷やさない、慢性的に痛む方は、温めると楽になる、

    血行が良くなり筋肉が柔らかくなります。サプリメントで血行を促す
    リケン玉ネギ粒などもあります、 お風呂で温める。

    患部に負担が掛からない程度で軽いストレッチをして筋肉を柔らかくする 血行・温め・ストレッチ等、

    で筋肉を柔らかくすると、神経の圧迫がなくなると痛みが緩和されます。

     

     



    椎間板ヘルニアに伴う腰痛にはストレッチが効果あります

     

    最初は、かなり痛みが伴います、無理のない範囲で少しずつ。

    身体の曲げ伸ばしで筋肉をほぐしてゆく、この時出来ればカイロ等で患部を温めながら行うと良いでしょう。

    何回か繰り返した後でん部・ももの裏側 ふくらはぎ、までモミほぐすようにマッサージします。

    腰の筋肉は、これもお尻をついて、座り股を開き無理のない程度に前・後屈を繰り返します。


    ストレッチはやり方に、余りこだわらずに足・腰の筋肉を曲げ伸ばしする感覚で始めましょう、朝起きると

    筋肉は硬く成っています、朝起きたらストレッチを必ずやる習慣にしましょう、楽になりますよ。



     
    不動療整院


    要予約「Tel:0463-21-6834」


    神奈川県平塚市四之宮2−14−44  

    定休日(水)曜日


    営業時間 09:30〜20:00受付

    電話で問診お受けします

     

    | 治ちゃん | 椎間板ヘルニア保存療法 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE