平塚市の整体院腰痛.坐骨神経痛.膝痛を再発ない治療の平塚不動療整院に

平塚の整体慢性の腰痛.坐骨神経痛.膝痛.股関節痛.鼠径部痛の原因治療2〜3回で再発ない原因治療します.高レベルの気功で肩こり.首の痛み.ひじ痛.腕の痛み治療致します
リンパ球の減少:ストレスが溜まると体調不良.リンパ強化は自分で出来る平塚市不動整体院に
0

     不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44 「Tel:0463-21-6834」平塚の気功整体の治療院です

     

    当院は来院の方は、東京都、横浜市、川崎市、鎌倉市、横須賀市、逗子市、藤沢市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、小田原市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、中井町などから来院頂いております、何年も続く痛みの治療においでになります

     


      

    不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44  「Tel:0463-21-6834」要予約
    定休日:水曜日 営業時間 9:30〜21:00



    エキテンに投稿された当院の口コミです

     

     

     

    平塚の整体 不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44 

    「Tel:0463-21-6834」  要予約 定休日:水曜日  営業時間09:30~20:00

     



    総合ページ:腰痛・坐骨神経痛・膝痛・股関節痛 足腰の痛みは原因を治せば直ぐに痛み無く成ります。
    上記の症状の方2〜3回の治療で治ります。体調不良の方は下半身に異常が有る方が多くおります


     線維筋痛症 身体中に痛みが出ます

    気功リンパマッサージ効果でリンパ球を強くする




    胸腺図解: 胸部はご自分でマッサージ出来ます、さする程度で十分です、毎日寝る前に布団の中でも出来ます





    リンパ球を強く出来る気功整体療法です

    胸腺マッサージで白血球の数・リンパ球を強くする気功整体療法


    当院のリンパマッサージは、気功の力でリンパの停滞を改善して、体調不良を改善します

    更年期の方の場合、ホルモンの異常でそれまでの痛み・肩こりなどが治癒せずに、痛み・コリが大きくなってゆきます、
    甲状腺ホルモンの異常もこのころ激しく出る方も多くおります


    甲状腺ホルモン異常で喉の腫れでお悩みの方気功の効果で腫れが無く成ります



      この時期年齢的には50肩の症状が出る方は烈しく痛みます





    エンドルフィン効果

    身体中の痛みを緩和してくれるホルモン、
    脳内鎮痛ホルモン分泌を良くすると同じ痛みでも感じ方が違うホルモンです




    白血球を強くする胸腺ネットワーク・マッサージ(ストレスが溜まると胸が痛い方も多く居ります)




    ・胸腺は・首・胸・腹部・鼠径部・リンパ節が押すと痛い、リンパの停滞(リンパの排泄つまりです)放置すると、体調は益々悪く成ります


    働き過ぎ・悩みすぎ・薬の飲み過ぎ免疫を低下させます(ストレスを溜める)

    病気は気から、病気になるかどうかは心の持ち方しだい。

    白血球の95%を 顆粒球とリンパ球が占めています、血液の中を循環して外から侵入してくる、遺物や、体内で発生したガン細胞などを排除します。

    顆粒球は細菌等の処理をします。
    交感神経ーー顆粒球が優位になると身体は何時も緊迫状態になります。

    リンパ球は微小なサイズの異物に対して抗体・免疫を作り身体を守ります。
    副交感神経ーー身体をリラックス状態にしてくれます。




    リラクゼーション
    身体のいやしって?



    身体をいやす、 心身共ストレスで疲れた脳神経を洗浄するとても大事なことです。

    普段の生活の中でも、色々なやり方で気分転換、旅行・リクリエーション・運動等で。

    知らない間に脳神経の洗浄が行われています。

    このような気分転換が出来ない状態になると、あなたのストレスは溜まって行きます。



    ストレスが溜まるとホルモンバランスガ崩れて


        


    肩こり・首の痛み・腰痛・鼠径部のリンパの流れの治療




    リンパ球と顆粒球の話

    ホルモンは身体の全ての機能を整えるために副腎から分泌されています。

    リンパ球+アセチルコリンが結合すると副交感神経の働きで身体をリラックス状態にしてくれます。

    顆粒球+アドレナリンの結合で交感神経を刺激して緊迫状態になります。

    脳下垂体の信号で分泌量をコントロールして、外部からの細菌・ウイルスの攻撃に対して【リン

    パ球・顆粒球の数をコントロールして、体調を整えています。

    リンパ球はどなたでも、ご存じの身体をリラックスしてくれるホルモンです、顆粒球は身体を緊迫

    させるホルモン勿論どちらも無くてはならないホルモンですが、このバランスが崩れると身体が不

    調になります。

    それは身体の表側でなく身体に(アドレナリン+顆粒球)が分泌されて身体を硬直させます。


    インナーマッスルが緊迫します、緊迫を取らずに本当のいやしとは言えないでしょう。身体の緊張

    がとれて初めて精神的な緊張〈ストレス解消〉もとれ気持ちを新たにして活き活き活力がわいてく

    るのです。

    気効整体は大変な効果があります。身体をコントロールしているのは神経やホモン=リラックス=

    リンパ球/緊迫状態=顆粒球の流れです、リンパ球と顆粒球の数バランスを調整してリラックス状に

    します。


     殆どの方が、気付いてないお腹の緊迫と痛みがあります、お腹を少し強く押してみるとわかりま

    す、強く押したから痛いのではなく痛みが出ているから押すと痛いのです、腹筋・腰の中側のイン

    ナーマッスルが緊迫しこれが大変ないたずらをします.
     内臓の収まっているお腹の周りはインナー

    マッスルがあります【腰方形筋・腹横筋・腹直筋の内側・肩・肩甲骨の裏などに在る】この緊張を

    取るのに他の療法では手の届かないところを、気効療法は最適な効果があります。

    それを早く知って早めに手当をする免疫力を落とさず病気を防ぐことにもつながります、身体をチェックそして活き活き健康的な生活を送ってください.

     


    平塚の整体 不動療整院 「Tel:0463-21-6834」

    神奈川県平塚市四之宮2−14−44
      定休日:水曜日

     

     
       リンパ球と顆粒球の  良い働き

     リンパ球の働きウイルス・微粒子など外部からの侵入を抑えて身体を守ってくれる

    高原抗体のひとつのリンパ球やマクロファージなどの白血球が集り、ウイルスを退治し傷ついた組織を修復します。(ウイルスの番人)(リラックス状態にしてくれる)



      リンパ球の悪い働き  過剰に多くなると

    リンパ球優勢な状態=リラックスモード=副交感神経が優位になるとリンパ球が増え過ぎて、
    花粉症・アトピーなどアレルギー免疫過敏になります、

     
    顆粒球の働き  良い働き


    怪我などで身体に細菌などの雑菌が侵入した時に身体を守る。
    (細菌の番人)(緊迫状態の時に優位になる)


        顆粒球の悪い働き 過剰に多くなると

    顆粒球優位な状態=興奮モード=交感神経があまりに優位になり、顆粒球が増るとガンなど組織破壊を引き起こします





    白血球を強くする


    胸腺の周囲に刺激を与えて弱っている白血球の働きを強くする、白血球の中身を免疫力の強い状態にすることです

    免疫力を担っている白血球の働きが弱ると、大きい病気、ガンなど日常的にも病弱な体質、発病率が高く成ります

    ガンを予防、防ぎ治す、白血球の働きが弱っている人は現在の生活・食習慣を改めて、免疫力を最適化することです




    免疫力、白血球を強化する為には、



    胸 「胸腺」胸回りをさする(軽い刺激を与える)ことです

    胸の中央部を胸骨と言います、 胸骨の奥に胸腺という器官があります

    胸マッサージは、この胸腺とその周囲を、胸の上から指で軽くマッサージすることです

    胸さすりを日々行えば、弱っている白血球の働きを効率的に強く出来ます、免疫力を高めることができます

    胸腺という器官はあまり馴染のない器官ですが骨髄でつくられた白血球中のリンパ球は、胸腺でその働きを強めます

     

     


    リンパ球の免疫力を強化するためには


    胸腺でのリンパ球の熟成が必要です

    胸腺は自律神経の働きを強化するとい言われています

    胸腺は身体中の情報を収集し、その情報を脳に伝達して、伝わった情報で脳からの信号を身体中に伝える中継基地の役割もしています

    胸腺は高年齢になると機能低下してゆきます
    胸腺のある胸部を中心として、腹部から頭都まで広がってネットワーク


    胸腺と同じに白血球の熟成を促進します

    胸への刺激は、胸腺様組織が多く分布している首・鎖骨下・肩・脇の下・胸部を両手の指で 軽く刺激します、白血球を強化るために行います

    胸への軽い刺激は、胸腺様組織の周りの血流が良く成り、胸腺様組織の働きが活発になります
    血流が良く成れば

    骨髄で作られた白血球の熟成も促進されて、白血球も強化されますま

    自律神経失調症で、リンパ球の減少を正す効果も期待できっます、ガンの再発が抑えられたりした人が数多くいます


    胸さすりを1年問行った結果

    大腸がんの手術後リンパ球の比率が2.8%% から40.5% に上昇しました (リンパ球は腸管からの分泌が多いいため時間がかかります)

    前立腺ガン85歳の男性は、胸さすりを3ヶ月、リンパ球の比率が30→40%に増加 胸部絵の刺激
    胸さすりのやり方

    両方の手の親指指から小指までの5本の指を少し指先をまげて(わしずかみ)の要領で、

    出来るだけ骨間部分・脇の下から乳房下部・鎖骨の下部・乳房下部からみぞおち・肋骨の下まで4カ所を、それぞれ15秒位約1分程度毎日行います

    あまり力を入れずに、痛くない程度に肩や腕の力を抜いて、胸の部分を優しくなでましょう





    働き者のリンパ球  リンパ球の働き   

    リンパ節は身体に800個あり、首・肩・鎖骨回りに300個以上も集まって居ます


    リンパ液は、身体にとっては最も大切なホルモンです


    身体に入てきたウイルス・細菌は、リンパ系を通る間にリンパ節にあるフィルターに確保されて、

    体内のリンパ球(抗体)でウイルス・細菌の感染を防ぎます リンパ節が腫はれます、 身体中に感染が広がらないように、

    ウイルス・細菌をくい止めます 子供のリンパ節の働きは大人よりも活発です、

    免疫の弱さを補う為に常にウイルス・細菌に対して敏感で、大人よりもリンパ節が腫れやすいのです

    腸管から吸収いた栄養分は、静脈を経由して肝臓に入ります 脂肪などは腸管からリンパ系に入ります

    リンパ系に入ることで、腸に吸収された栄養の中に含まれている毒素を除きます、リンパ液は、無色に近い透明の液体です

    腸管から吸収されたばかりのリンパ液は脂肪を含んでいるために、吸収したばかりのリンパ液は白く濁っています

    リンパ節に起る症状 ウイルス・細菌などの感染によって、リンパ節に炎症がおこると、首の鎖骨に近いところ

    腕の付け根・脇の下・脚の付け根・そけい部のリンパ節が腫れ押すと痛む これをリンパ線がはれると言っています

    全身のリンパ節が腫れる場合と、部分的にリンパ節が腫れる場合があります ウイルス・ 細菌の感染では

    首のリンパ節が腫れることが多いのです、大人になってもリンパ節が敏感な方も多く居られます血液系の病気では

    身体中のさまざまな部分のリンパ節が腫れることがありますリンパ節の腫れが、なかなか治らない、周囲の組織に炎症がおよぶと、リンパ節周囲炎になります




    リンパ系の話(リンパ液の流れ道)


    血液とリンパリンパ液の2種が、身体中を循環しています、心臓の心拍で血液が動脈・静脈を介して身体中を巡ります

    リンパ液はリンパ管に

    リンパ管はそれと平行した溝にたとえることができます、リンパ管が全身に張りめぐらされ、リンパ液が流れています



     これをリンパ系といいます


    このリンパ液は、組織間液が集められたもので、リンパ管のうち、細部まで入り込んでいるが毛細リンパ管です、

    リンパ管と血管は、セットになって居ると、考えてください毛細リンパ管は集結して、太いリンパ管結ばれて流れます

    このリンパ管は、接合を繰り返して本の太い管になります、鎖骨下静脈につながります、この接合部をリンパ節、 最も太い部分をリンパ腺といいます

    リンパ節は、全身に800
    個余りあり、首・肩・鎖骨周りに、個が集まっています

    その次に脚部・脚のつけ根、下半身に集結しています

     

     

     

      


    予約、問い合わせ TEL:0463-21-6834


    気効エネルギー療法  

    平塚の不動整体院


      神奈川県平塚市四之宮2−14−44

    営業時間:09:30〜20:00 定休日:水曜日

    | 治ちゃん | リンパ球の減少 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE