平塚市の整体院腰痛.坐骨神経痛.膝痛を再発ない治療の平塚不動療整院に

平塚の整体慢性の腰痛.坐骨神経痛.膝痛.股関節痛.鼠径部痛の原因治療2〜3回で再発ない原因治療します.高レベルの気功で肩こり.首の痛み.ひじ痛.腕の痛み治療致します
花粉症1回の治療で数年間効果は持続します,気功治療の平塚市の不動療整院
0

     不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44「Tel:0463-21-6834」平塚の気功整体の治療院です

    • 花粉症はリンパ球の異常反応で症状が出ます、慢性鼻炎の方は身体の構造の異常状態なので治りません

    当院は来院の方は、東京都、横浜市、川崎市、鎌倉市、横須賀市、逗子市、藤沢市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、小田原市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、中井町などから来院頂いております、何年も続く痛みの治療においでになります




    不動療整院のエキテン口コミです

     

            

    院長 沼田治男 不動療整院 平塚の気功の整体院です


      標準1回の治療で数年間再発しない治療です

    重度の症状の方:お医者さんの薬が効かない・幼少期から症状が強く出ている方、症状が残る方は2度目の治療が必要に成る方もおります、2度目のの治療は無料で行います


    施術料金 ¥6.000円      施術時間 60分(2回治療のセット料金です)


    2年間保証、治療の翌年1月に念のため再治療おいでください(無料です)

    ホルモン系治療ですので極稀に効果の出ない場合は返金致します 

     

    効整体だから出来る花粉症治療

    花粉症の治療効果は、個人差が在りますが、数年間効果は持続します

    小学生〜年齢50才位までの方にさせて頂いております(女性で更年期状態の方は効果が出ません)

    花粉症症状の大きな原因はリンパ球の過剰反応なのですが

    色々な説が有りますが、過剰反応の原因は 幼年期・成長期に食品添加物の摂取が多くなった年代戦後生まれ1946年以降生まれの方から多くみられる症状です。
     

    平塚市の整体 不動療整院 「Tel:0463-21-6834」

    神奈川県平塚市四之宮2−14−44  定休日:水曜日

     


             花粉症の方へ 
    花粉症の原因はホルモンバランス異常、リンパ球の過剰反応です

     
          原因治療  リンパ球・顆粒球

      人間の体には、体内に侵入しようとするウイルスなど外敵(異物)を排除しょうとする働き(免疫機能)があります。

    花粉症の方は、免疫機能が過敏なためリンパ球優勢な体質になっています。

    上記の食生活、ストレスなどで免疫機能のバランスが崩れ、免疫過敏でアレルギー反応が起こり、大気汚染・花粉に免疫の過剰反応が働きます。

    花粉症は、大気汚染∔花粉=花粉症。主に、スギやヒノキなどの花粉 に激しく反応してアレルギーを起こし発症します。                 

    大気汚染・大量な花粉どちらかを失くせば花粉症にならないのですがそれは無理。

    それでは、出来る手段として体質を変える。

    食べ物生活習慣を変えても簡単なことでは有りません。

    鼻水・くしゃみ・鼻づまり・目の充血・かゆみ・流涙・皮膚などのかゆみ体にとって都合の悪い結果をひき起こします

    免疫の過剰反応、元々身体を守るはずの抗体反応が、大気汚染PM2.5などをウイルスと間違えて大量にリンパ球を体内に出す、

    この大気汚染に過剰に反応して、無害のはずの花粉に過剰抗体反応を起こして下記の症状になります。

    現代人の生活習慣が、免疫系を鍛えるには至らない、清潔な生活環境になり免疫過保護状態の生活になっているのです。

    本来の機能を徐々に失ってゆき免疫機能が正常に働かない状態になっています。

    免疫の過剰反応は免疫力が高いのではなく、免疫の異常なのです。

    正常に働いていない、ホルモンバランス状態です。


     花粉症はなぜおこる、花粉症の原因

     

    花粉症は免疫のアレルギー免疫反応、過剰な反応で起こります。

    免疫力調整は花粉症治癒への福音です。

     花粉症は治せる? 花粉症の季節春〜秋にかけて。毎年春先1月中旬になると、花粉の方は多く、日本人の20%

    以上が花粉症を発症しています、花粉症にかかる人は年々増加しています。

    年を通して花粉症に苦しむ方も多くおります。

    花粉症の原因で多くの場合、それは免疫バランスの異常です。   花粉症の季節、毎年春先になると、花粉に悩ま


    される方が多く、今年H27年は昨年の10倍の花粉量だといわれています。

    これまで花粉症に縁がなかった人も顔がピリピリ・かゆい等軽い症状が出ています。

    花粉症、状態の人は年々増える傾向です。
     
    年間をとうして花粉症に苦しむ方も多くおられます。

    花粉症の原因も解明され、それは免疫バランスにあります。



            
      
    花粉症って何



    スギ・ヒノキ・ぶたくさなどの植物の花粉が原因で、鼻みず・くしゃみ・鼻づまり・ 目の充血・かゆみ、涙など

    の症状を起こす、アレルギー性の病気なのです。

    花粉症は・アトピー性皮膚炎・などと同時にでかかってしまう人がいます。

    個人差ですが、花粉症だったり、アトピーだったりの症状が現れます。



      花粉症になりやすい体質の方ホルモンバランスが悪い 

    ・体の各細胞に存在する抗酸化酵素が少ない。

    ・両親が花粉症にかかっていた、アレルギー体質がある。

    ・体内に悪い脂肪酸が多い。
     
    ・活性酸素を取りのぞくホルモンの量が少ない。 


     



     どうして花粉症の人が増えているのか。             
      
    肉体・精神が過度なリラックスモードで、常にリンパ球優勢な状態が保たれていて、花粉症などアレルギー体質となっている低体温。

    低体温で免疫も下がる、免疫が下がる体温も下がる、大人も子供もこの状態の方が増えています。



             強いストレス


    アレルギーは自律神経と深い関係があります、ストレスで自律神経のが乱れ、免疫バランスも崩れてきます。

    花粉の増加戦後国土復興で、植林されたスギが現在花粉のピーク期になっています、外国産の建築木材におさ

    れ、価値が下がり伐採されず、花粉量のピークを増を迎えました、花粉症を増やしている原因です。

       

             食生活の変化

    高カロリー・高タンパク・高脂肪の肉・乳製品・加工食品(菓子等)食の欧米化、悪玉脂肪の摂取が40年ほ

    ど前から増えている状況にあります。


    大気汚染 PM2.5最近では中国から

    車の排気ガス中の微粒子、石炭火力暖房など、近年中国からの大気汚染等で汚染状態が悪化しています、今から

    40年以上前日本独自の大気汚染は、近年よりもひどい状態でした、しかしその頃は桧・スギなどが成長期で花粉がまだ飛散して居ませんでした。

    雨で流れるはずの花粉が道路の整備などの都市化で土中、河川に流れ込まずに再び飛散する、を繰り返す為花粉

    の量いっそう増えているのです。


     

    不動整体院 Tel:0463-21-6834
    平塚市四之宮2-14-44 サイゼリア四之宮店隣
    定休日  水曜日
     


     

          

               花粉症の対処療法

     
       ‥按譴靴堂嵎瓦魎鵑擦弔韻覆ぁ

    ・外出時に花粉症用ゴーグル・マスク花粉を寄せ付けない、吸い込まない。


     
    ・外出から帰ったら、外気にさらされた部分を洗い、うがいをなどをして花粉を家の中に持ち込まない。    



      ・家に入る前は玄関で髪・持ち物・衣服・についた花粉を取りはらう。                                       
    ・髪をトリートメントなどで髪に花粉がつかないようにする。

      ・服は花粉がつかないスベスベしたもの。

           ・家の窓を開けない、洗濯物は外に干さない。

          ・車に乗るときは、花粉を防ぐため痛気効・窓閉じる。

     医療機関で、花粉症に対処出来る薬の処方を受ける。

    ・此れだけのことをしても軽い人で症状が軽くなるだけ、

    ・中症・重症のかたは多少症状が抑えられるだけです。



          花粉症を改善する食事


    個人差/体質によって異なりますが、多くの場合、アレルギーを起こしやすい、食品の代表です。

     
    アレルギーを起こしやすい食品

      肉・乳製品

    ・牛肉     ・豚肉       ・羊肉
    ・牛乳     ・卵        
        


     野菜類
    ・豆類     ・香辛料
    ・蕎麦     ・穀類の一部    ・イチゴ
    ・バナナ    ・柑橘類      ・南京豆    
    ・ナッツ類   ・カカオ類     ・チョコレート


     魚類
    ・青魚     ・さば       ・いわし
    ・エビ     ・カニ 

     砂糖の取りすぎは腸内細環境を悪化させます

      ・スナック菓子   ・清涼飲料水は控える、
     
     

     香辛料・アルコール・タバコは控えて

       ・わさび    ・からし    ・こしょう
    ・ 唐辛子    ・お酒     ・コーヒー
    ・お茶などは  ・塩分の強い食べ物は避ける



     加工食品を避けるようにしましょう

        冷凍食品などは内容を確認してお使い下さい

    ・インスタントラーメン等の    
    ・インスタント食品 
    ・多量の砂糖の入った加工食品
    ・スナック菓子
    などの保持剤・着色料・食品添加物が入った食品




          
      ・・・などアレルギー起こしやすい食品。



     色々な食品の中ですべてが、御自分にとってアレルギー原因食品になる食べ物カ見分けることも長い間の生活の中で必要です。

    症状が改善するまで、その食べ物を避けることも。

    ホルモン治療で体質改善を図れば同じ食品を食べても症状も起こさなくなります、

    出来るだけ有機野菜(低農薬)の食品をおすすめします。




          消化器系の改善食品

    緑黄色野菜・玄米・海草・植物油等は腸管《野菜の旬》

    症状が改善するまでの間、上記食品を避けることも症状改善の早道です。
    有機野菜(低農薬)の食品を選び、

    ・小魚        ・わかめ           ・ひじき
    ・玄米        ・雑穀            ・ニンジン
    ・小松菜、      ・キャベツ          ・ピーマン
    ・玉ねぎ       ・大根            ・ごぼう
    ・かぶ        ・れんこん          ・すりごま
    ・昆布        ・植物油           ・みつば     
    ・かぼちゃ      ・さやえんどう



         便通を良くする食品

    ・まぐろの赤身   ・カキ       ・ひじき      
    ・鶏のもも肉    ・レバー類     ・わかめ(海藻)     
    ・ほうれん草    ・干ししいたけ   ・きな粉
    ・ブロッコリー   ・根菜類       ・白菜

    食物繊維を摂って便秘改善、悪影響のある物質を吸収し難くするようにします。



     

         身体を温める食べ物生活

      ・温野菜(白菜など)    ・生ネギ    ・ごぼう
    ・蓮根           ・紅茶など   ・しょうが



     




     

    | 治ちゃん | 花粉症 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE