平塚市の整体院腰痛.坐骨神経痛.膝痛を再発ない治療の平塚不動療整院に

平塚の整体慢性の腰痛.坐骨神経痛.膝痛.股関節痛.鼠径部痛の原因治療2〜3回で再発ない原因治療します.高レベルの気功で肩こり.首の痛み.ひじ痛.腕の痛み治療致します
NHK放送のストレス性腰痛には悪化の原因が有ります、原因治療出来ます平塚市不動療整院
0

     不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44 「Tel:0463-21-6834」平塚の気功整体の治療院です

    • 専門特化した当整体院においでください、慢性の腰痛・坐骨神経痛 膝痛・股関節痛・鼠径部痛+恥骨痛は全て骨格、筋肉靭帯すじの硬直で神経を圧迫して痛みが出ます、首が痛い肩こり性の方体質改善致します

    当院は来院の方は、東京都、横浜市、川崎市、鎌倉市、横須賀市、逗子市、藤沢市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、小田原市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、中井町などから来院頂いております、何年も続く痛みの治療においでになります

     
     

     

    平塚の整体 不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44  要予約「Tel:0463-21-6834」定休日:水曜日 


    エキテンに投稿された当院の口コミです

     

     

    院長 沼田治男 不動療整院 平塚の気功の整体院です



         
    先日NHKで放送のストレス性腰痛

    慢性の腰痛・坐骨神経痛が悪化しているのです原因のない痛みなど有りません

    殆どの症状は慢性の坐骨神経痛で、日本人の4人に1人はこの症状はあります

    年齢は早い人で10代の方(成長痛から)も多くおります

    原因がありますので直ぐに治ります、ご心配いりません

     


     

    慢性腰痛・坐骨神経痛には原因があります
    リンクします先に、お読みください

    慢性腰痛・坐骨神経痛のページ 

    普通の腰痛・坐骨神経痛が本当のストレス性腰痛・坐骨神経痛に移行してしまう前に原因から治療をしましょう


     

     重篤な状態(稀な症状、めったにない)

    (常にストレスが好きな人身体を休める事無くいつも、動いている方で少しぐらいの慢性的な腰痛があっても常に身体を動かしている、身体を休めるのが、下手な人)で、なを内臓(胃腸が弱い方)が長期的な強いで内臓が原因の腰痛で3、6ヶ月間歩くことが出来ない状態まで至った方もおります
    大腰筋、腸腰筋は(腰から骨盤内、大腿骨に繋がっています)歩けなくなります

     


     

    このページ内容は数年前から同じです、NHK放送のような新しいものではありません、来院の方の多くは心療内科に長く(7〜8年)通院していて、只の慢性の坐骨神経痛(腰痛・お尻が痛い・股関節痛・太ももの裏側・膝痛・ふくらはぎ痛)原因不明にされて投薬で線維筋痛症までになっているのが現状です

    慢性の坐骨神経痛が過度なストレスで身体全体の痛みまで進んでしまいます

    脳が痛みを覚えてしまう、病気の少し手前です、此の症状が進むと線維筋痛症になります、早期の治療お勧めします

    このページはストレス性腰痛・坐骨神経痛の原因治療を紹介しています


    ストレスで暴飲暴食飲酒でも腰痛になります

    坐骨神経痛、骨格形状が原因(腰痛も伴います)此の二つの見極めが大事です、

    慢性腰痛・坐骨神経痛はストレスが原因のホルモン異常で、痛みを身体が覚えてしまうのです

    慢性の腰痛・坐骨神経痛の元の原因から治しましょう原因を治せば後はストレス治療です
      
    ここで慢性腰痛の原因を先に記します、まずは慢性腰痛を治しましょう

    原因不明の腰痛は殆どありません、慢性の腰痛・坐骨神経痛です、骨に異常が無いので、整形外科では慢性の腰痛・坐骨神経痛をストレス性(原因不明の腰痛にしてしまう)

     

     

     

     

     

     

     

     


      ストレスが原因で暴飲暴食:腰痛になります
     
    暴飲暴食
    飲酒・アルコール)が直接の原因で腰痛原因では多いい、症例です

     

     

     

     

     

     


     

     

     

     

     


    不動療整院 「Tel:0463-21-6834」要予約

    神奈川県平塚市四之宮2−14−44
     サイゼリア平塚店 右隣 
    定休日:水曜日

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



     

    リンパ球の減少で身体中が痛くなる 
     ストレスが原因でリンパ液の減少(線維筋痛症に至る場合もあります)



      体調不良の救世主ーエンドルフィン  の分泌が多いい方は体調の不調が無い。

     
     お待たせしました、この先はストレス性腰痛です

      ストレス性の腰痛


    前記四つの原因にストレスが加わるケース、 ストレス反応はなぜ体調不良を起こすのかホルモン異常です 。


    痛みのストレスに精神面のストレスが加わるとストレスが倍増して、 アドレナリンの分泌を活発にして、防御態勢を整えます、ここまでは誰でもなります。

    多くの人は、この辺りまででストレスに耐えられなくなり、ストレスを回避する事を考えてストレス解消に進み、事なきを得ます。




    精神面のストレス


    まず腰痛の痛みが(長く続くと)ストレスになります、ストレスの感じ方は、人それぞれ日常生活のストレス、

    近所付き合い・子供の教育・夫婦関係・親類関係・生活苦、も在るかも知れません。



          社会生活のストレス

    会社での仕事のストレス・人間関係・仕事に付随したあらゆる出来事。


    殆どのストレスの原因は、当事者にとっては、逃れる・回避できない、事柄ばかりだと思います。



    外的ストレス・精神的なストレス関係なく、脳が反応して、アドレナリンの分泌を倍増させます アドレナリンは顆粒球と結合します。


      顆粒球が増量すると、リンパ球の減少

    身体をリラックス状態にしてくれるリンパ球/が減少します。

    それとともに、身体の痛みを緩和してくれる、エンドルフィンの分泌も減少します。 

    このホルモンの悪しき連鎖でストレス性腰痛が悪化します。



    顆粒球の増量で以下の症状に移行します。

    ・血行不良(血管の収縮) 
    ・活性酸素の増加(身体が錆る) 
    ・低体温 
    ・呼吸不良(浅い・速い)
    ・神経のイライラ
    身体が常に緊迫状態になります。

    ストレスが原因で腰痛それと共に。
    ・筋肉に疲労物質を残し筋肉痛 
    ・肩こり
    ・首こり・頭痛・吐気・めまい
    ・靭帯の硬直を起こす

    勿論腰痛筋肉のインナーマッスルに疲労物質を残し痛みの連鎖が起こります。



    身体は、ストレスを感じると

    顆粒球と結合したアドレナリンの影響で、血管(毛細血管)を収縮させて身体を守ろうと反応します。

    顆粒球が多くなると白血球の中のホルモンバランスが崩れます。

    リンパ球が減る ストレスによる顆粒球の増量で身体をリラックスさせる、リンパ球の減少で益々血流量が減り痛みを増幅させます。

    血液は細胞に栄養や酸素を送るために流れますが血流が悪くなると。

    細胞内の再生エネルギーが減少します、 人間がストレスに耐えられるのは、一時的なものだけです。

    原子の時代から生きてゆく、手段で野生動物の狩り、自然界で生きてゆく為のストレスだったはずです、例えば狩りをして獲物がうまく捕れない、あくる日獲物が捕れれば、ストレスは解消されます。

    しかし現在では慢性的ストレスを抱える方が非常に多く、現代のストレスは多種多様。

    ある患者さんに事情を聴いてみると。 自分自身がストレス製造マシンのように、自分以外の行為・事柄に対して普通の考え方の人より敏感に反応してしまう。

    自分が解っていても、ストレスを強く感じる方はそのコントロールが苦手な人 がおります。

    ストレスが原因で、腰痛が激しくなる方には上記のような事に、心当たり在りませんか。

    誰でもがストレス性の腰痛にまで至る訳ではありませんよ。 







    不動療整院

    神奈川県平塚市四之宮2−14−44

     要予約  「tel:0463-21-6834」 

    定休日水曜日


    営業時間 09:30〜20:00 受付




     

     

     

     

    続きを読む >>
    | 治ちゃん | ストレス性 腰痛 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE